森のサイクル

forest-cycle


①植林

shokurin

木は、成長するときにたくさんのCO2を吸ってくれます。

こどもが育ち盛りにごはんをいっぱい食べるのと一緒ですね。

 

しかし、成長しなくなるとCO2を吸収しなくなり

さらに、人の手入れが行き届いていない森は

太陽の光を十分に浴びれず、どんどん弱っていきます。

 

和歌山県は面積の77%が「森」と全国でも6番目。

そしてヒノキの蓄積量では日本一!

 

今、CO2を吸収してくれる

健康で新しい森が必要とされています。

 


 ②下草刈り

shitakusa

お日様パラダイスの夏は、

栄養をつくるのに必要なひかりを

たくさんくれます。

 

この季節は

さまざまな植物がおおきくなります。

植えられて間もない木をそのまま放っておくと、

他の植物の勢いに負けてしまい、

枯れてしまうこともあります。

 

木がちゃんと成長するには

植えられてからの5~7年間は

下草刈りが不可欠なのです。

 


③枝打ち

edauchi

枝打ちは、

節のないきれいな木材づくりに大切な作業です。

 

また、適度に枝を切り落とす事で、

光が地面までとどき、

下草が根を生やすことによって

雨による栄養を含んだ土の流出を防ぎ

森林の健康を保ちます。

 


④間伐

kanbatsu

次はいよいよ間伐。

 

森林がきゅうくつになりすぎないようにお手入れ。

木は自分のプライベートスペースを手に入れると

むくむく太くなり、健康的に。

 

そして、

切られた木を材料として熱や電気を生み出す

再生エネルギーが今注目されています。

 

経済的な理由で

うまく活用できていないのが現状ですが、

化石燃料から木をエネルギーとして利用することで

さらにCO2の排出を減らす事につながり

温暖化を防止できるのです!

 


⑤主伐

shubatsu

和歌山には私たちが誇れる

資源がたくさんあります。

森林面積の6割を占める人工林のうち

なんと約80%が樹齢45年以上の

利用可能な森林資源なのです。

 

紀州材を使って、CO2とたくさん吸収してくれる若い木を

新たに植えるサイクルをつくることは

地球温暖化を防止するだけでなく

林業を盛んにさせ、地域の活性化にもつながります。

 

山を守ることによって

私たちがこれから先ずっと、

きれいな空気ときれいな水を楽しむことができるのです。

 

(イラスト / 秦野 佳子